学童保育を利用するメリットとデメリット

学童保育について説明します。学童保育とは日中に両親が働いているため小学生の子どもたちが自宅にいる事ができない理由があり、授業が終わって適切な場で遊ぶことができる場所を指しています。学童保育も市が運営しているところや、保育園や幼稚園が運営しているところ、また、認可外のところなどさまざまあります。それでも学童に空きがないところもあります。そういった施設の違いもあるなかで学童にかようお子さまのメリットやデメリットがあります。お仕事をされているなかでこの施設はとても必要な場所になると思います。預ける場合に選択できるとは限りませんし、自分の条件とは合わなくても預ける事ができないよりはましと言うこともあり得ることだとおもわれます。そのためメリット、デメリットを考えます。

学童保育のメリットについて考え

まず、先でもお話をした通り、メリットとデメリットがあります。メリットの面はまずなんといってもお仕事をされている間お子さまが適切な場所を提供されていることだと思います。仕事をする上で子育てをされている方の悩みは待機児童や、低学年のお子さまを学校が終わったあとどうするかなどで仕事の幅が狭まると言うことです。フルで働く方はやめないといけないかもしれない洗濯機も考えさせられるので、本当に助かります。また、放課後に大人の目の届く範囲で子どもたちが同じ環境のお友だちと一緒に安心して遊べることです。もし、自宅に帰していて問題も多いこの世の中で何かしらあったらと考えると仕事にも集中できなくなります。こういった事を考えると学童保育というのは親御さんにとって大事な場所と言えます。

学童保育のデメリットについて考え

預けるにはよいように思える学童保育にもデメリットはあります。まず、学童保育に入るためには運営しているところによって条件が違うことです。市が運営しているしているところは人気も高いこともあり予約になる場合も多くあります。また、要望書をだしたり、質問の書類をだしたり、役所の方に学童にいれてまで働かないといけないくらいの年収なのかを聞かれる場合もあります。また、市の運営以外のところが行う場合、把握されてない場合が多いため、直接空きがあるかを確認し保育料に関してもまちまちで違うため高い場所や 行事参加をしなければならないところもあります。また、こどもさんによっては学童にいきたがらない子どももいて学校で時間を潰してから来る子どももいるとなんのために学童にいれているのかわからないばあいもあります。以上のなかでよい学童保育が選べたらよいです。