学童保育の費用はどれくらいかかるのか

学童保育は、小学生である学童を放課後も預かってくれる事業のことです。学童保育では、適切な遊び場や生活の場を与えることで、健全な保育をすることを目的としており、特に共働きなどで日中は家にいない学童が多く利用します。単なる預かりではなく保育としてさまざまな活動を行うのが特徴です。一方で待機児童の問題があるように非常にニーズが高いものでありながら、都市部では需要に追いついていません。このため自治体などが運営する公的な施設のほかにも民間の施設も多く設置されています。公的な施設や補助金を受けているところは料金も低くなっていますが、民間施設はその性質上、料金は高めに設定されています。また料金が低く抑えられているところでも月額4千円程度の出費は必要になります。

学童保育の役割とサービスの内容

学童保育は日中に保護者が家庭にいない学童、つまり小学生児童に対して授業終了後も適切な遊び場や生活の場を与えるというものです。法律上の名称は、放課後児童健全育成事業であり、学童を対象にして学校や専門の施設などが子供を預かってくれるもので、共働きなどで日中家にいない家庭の児童が利用するものです。一方で自治体が運営する公立の学校などが行っているケースもあれば、自主的な父母会などが任意団体を結成して学童保育を行っているところもあるなど、その種類はさまざまです。また受け入れに関しても法律ではおおむね10才未満の児童とあり、公的な機関が設置したところでは3年生までが一般的です。ただし、障害のある子どもなど一定要件を満たせば6年生まで利用できるケースもあります。また民間の学童保育では、ニーズの高さからほとんどのところで小学6年生までの学童が利用できます。

実際に掛かる学童保育の費用について

学童保育では適切な場所で子供を預かるという性質上、料金が発生します。実際のところは施設によって料金は異なっており差があります。これは自治体が直接運営しているものや施設に対して補助金を出しているところなどがあるためで公的なお金が出ているところは利用料金が安く抑えられているためです。一方で民間の施設では料金はやや高めになります。もっとも多い料金帯は月額4千円から6千円となっており、ついで2千円から4千円、6千円から8千円となっています。また、学童保育では単なる預かりではなくさまざまな活動を行い子供の育成に役立てることも目的となっており、それらに掛かる実費も必要です。これらは月に1千円から2千円が平均的です。このため、学童保育を利用するさいには1月あたり4千円から8千円程度は必要になります。